ソファーに座る家族
ここ数年、テレワークという働き方をする人が増えてきました。

テレワークとは、情報通信技術を使って会社以外の場所で仕事をする働き方のことです。

テレワークにはインターネットや電話を使って会社との繋がりを保持して自宅で働く在宅勤務、会社での勤務に加えて、部分的に情報通信技術を使って仕事をするモバイル勤務、企業側が設置したオフィスで報通信技術を使って仕事をするサテライトオフィス勤務などの働き方があります。

 

■  家族やペットと過ごす時間が増えるインターネットを利用した在宅勤務のメリットとは?

テレワークのうち、インターネットや電話を使って会社との繋がりを保持して自宅で働く在宅勤務は、通勤時間の無駄を省くことが出来るので、家族と過ごす時間を増やすことができます。

その為、共働きの夫婦が協力して子育てをする、介護が必要な家族の世話を家族で協力して行うことができるなど、現在の日本が抱えている問題の解決に繋がり、安心して子供を育てられる環境に身を置くことができます。

また、通勤時間がなくなる為、その時間をスポーツや読書など趣味を通じて健康促進、自己啓発をできるとともに、ゆったりした時間の過ごし方ができるので、心の健康を維持することができます。

また、電力など会社にかかるコストの削減、通勤にかかる交通費、子育てや介護による労働力人口の減少を防ぐ、女性や高齢者、障害者に就業のチャンスが増えるなど、社会的な意義もあります。

 

■  在宅勤務に切り替えることが都心から離れた一戸建て賃貸で家族と一緒に過ごせることに繋がる理由

会社に通勤する為には、会社からある程度の範囲内の地域に居住する必要がありますが、都心で希望の間取りの広い一戸建て賃貸を探すとなると、高額な家賃が必要です。

その為、予算の範囲内で広い一戸建て賃貸を探すと、どうしても郊外の地域になってしまいます。

通勤に便利な都心で、狭い家に暮らす、通勤時間が長くなり往復で4時間近くかかってしまうが郊外で広い家に暮らすという2つの選択肢の中から選ぶ場合、狭い家で家族一人一人のプライバシーが保てず、生活の質が低下しストレスが溜まる状況、又は家での生活は快適であるものの仕事と通勤だけで1日が終わってしまうという状況のどちらかを選ばなくてはならなくなってしまいます。

生活の質を向上させることを大切にしたい場合は、在宅勤務をすることで、広い家と自分の時間を両方手に入れることができ、家族との楽しい時間を過ごす生活に繋げることができます。