プリント
 

近郊で一戸建て賃貸物件に住むメリットは、陽当たりや風通しの良さ、隣家との距離があること、周辺の景色が良いこと、車庫付き、庭付きの物件があることなど、日常生活を快適にするメリットと、持ち家に比べると戸建ての家であるにもかかわらず、固定資産税がかからない、住宅ローンが必要ない、マンションなどと比べると管理費がかからない、都心の一戸建て賃貸に比べて、家賃が安いといった経済的なメリットがあります。

また、住宅を購入してしまうと簡単に引越しをすることができませんが、様々な事情で引っ越しをしなくてはならなくなった場合には、気軽に引っ越すことができます。

 

■  近郊で一戸建て賃貸物件に住む日常生活を快適にするメリット…3世代同居など家族が多くてもプライバシーを確保できる、騒音から解放される、庭や車庫が付いている、ガーデニングができる、ペットと暮らせる

近郊で一戸建て賃貸物件に住むメリットの一つは、居住環境が良くなり快適な生活が送れるということです。

家族が多くても、それぞれがプライバシーを確保することができるので、二世代、三世代で同居する家族や、子供が多い家族でも、煩わしさを感じないで生活することができます。

一戸建ての場合、2階にもトイレやキッチンがある、玄関口が分かれているなど、2所帯でも暮らしやすいように設計されている物件を探すこともできます。

また、都心の戸建ての場合、周辺の騒音に悩まされたり、反対に家族が騒音を出さないように気を使ったりといったことがありますが、郊外の戸建てであれば、隣家との距離があるので、騒音に対して神経質になることから開放されます。

また、庭付き、車庫付きの物件であれば、庭でガーデニングを楽しんだり、子供やペットを伸び伸びと遊ばせたりすることができますし、雨の日でも車から玄関までの距離が短いので、買い物の荷物運びなどが楽にできるだけではなく、車椅子を使用している家族がいる場合でも、外出がしやすくなります。

 

■  近郊で一戸建て賃貸物件に住む経済的なメリット…都心に比べて家賃が安い、管理費、固定資産税がない、住宅ローンがない、地震や水害で被害を受けても自分で補修する必要がない

近郊で一戸建て賃貸物件に住むメリットには経済的なメリットもあります。

マンションで必要な管理費、持ち家で必要な固定資産税や住宅ローンがないので、月々の支払いは家賃だけで済みます。

長期的な考え方をすれば、家賃を払い続けても自分の持ち家にはならないから経済的とは言えないという考え方もありますが、新築の家も10年ごとに外壁の塗り替えやシロアリ予防、ガス器具の交換などが必要になるので、住宅ローンと並行してそれらの費用を支払わなくてはならないということを考え合わせると、賃貸しの方が経済的と言えます。