引越し
 

地方自治体の多くは地方の人口減少を食い止め、地方の活性化を図る為、移住やUIターンをする人に対して、積極的に公的支援をおこなっています。

新しい暮らしに大きな助けになる自治体による支援は、各自治体によって支援の内容が違いますので、移住したい地域の自治体の支援内容について確認することが大切です。

 

■  地方移住の公的支援の内容

≪移住者家族への情報提供≫

各自治体では移住希望者が様々な情報を得ることができるよう、移住やUターンに仏様な情報を提供するポータルサイトを運営して、県内の市町村の紹介、県や市町村の公営住宅の情報、所在地や間取り、家賃など空き家についての情報、災害・救急医療情報、県内の求人情報、農業、漁業などの研修制度などが掲載されています。

また、多くの自治体では、地方移住希望者の相談窓口を東京都内に開設しています。

移住への始めの足掛かりとして、各自治体が解説している相談窓口を利用しましょう。

≪移住体験≫

短期から長期まで移住生活体験ができる住宅が用意されています。

国の補助事業で整備されている為、低額な家賃で利用することができます。

≪住宅や引っ越しへの補助金支給≫

移住の為に住居を新築やるフォームをする、移住の為に賃貸物件に引越しをする場合、補助金が支給される他、移住奨励金を支給する自治体もあります。

≪子育て支援≫

出産祝い金、小学校入学祝い金、子育て支援補助金、無利子奨学金など、自治体によって支援の内容は異なりますが、さまざまな子育て支援が受けられます。

結婚祝い金を送ってもらえる自治体もあります。

≪医療支援≫

医療費免除、医療費給付、乳幼児医療補助制度などの支援があります。

≪企業支援≫

新規開業への資金を低金利で融資、新事業への交付金、移住者企業補助金などの支援で、移住者の企業を応援しています。

≪農林水産業や伝統工芸後継支援≫

農林水産業や伝統工芸に携わる移住者に対して農地確保支援、助成金、就労支援、育成研修などの支援を行っています。

≪地域活動支援≫

移住者が地域に馴染めるよう、すでに移住している人達が新たに移住してくる人たちに対して自治体と連携して、コミュニケーション促進を支援しています。

≪住み替え減税≫

現在検討中の支援で、地方に移住し、住み替えをする人に対して住み替え促進税制を適用するというものです。

実現すれば、2017年から適応される可能性があります。