住宅模型を持つビジネスマン
 

豊かな自然、きれいな空気といった良い環境の中でのびのびと子供を育てたい、定年後は田舎でゆっくりしたい、地方の特性を活かした仕事を始めたいなどの理由で、地方に移住したいと考える人が増えています。

それと同時に多くの地方の自治体では、人口減少を食い止める為に、移住支援、Uターン支援をさまざまな方法で行っていますので、今は地方への移住がしやすい時代と言えるのではないでしょうか?

 

■  地方で一戸建て賃貸のメリット…地方移住後の都心とは違う地方での暮らしを試してみることができます

Uターンをする人以外は、地方での暮らしを体験したことがない訳ですから、実際の地方での暮らしには不安もあることと思います。

旅行で訪れる場合とは違い、地方での暮らしがドラマや映画で出てくるようなイメージ通りの暮らしとは限らないからです。

地方には地方の良さがあり、都会には都会の良さがありますが、都会にしか住んだことがない人がいきなり地方に新居を建て暮らし始めるには、大きな決心がいるものです。

その為、移住しようとする地方の暮らしがどのようなものであるのかということを、一戸建て賃貸で1~2年体験してみることは、その不安を取り除き、より良い生活を始める為には合理的な方法です。

季節ごとの天候、近隣の住民とのコミュニュケーション、学校や病院へ行く為の利便性など、最低1年は住んでみないとわからないこともたくさんあります。

夏は涼しくて良かったけれど、冬の雪の多さは耐えられない、台風に直撃される、近くに畜産農家があり、臭いがするというようなことは、住んでみないとわからないからです。

1~2年住んでみて、ここに住みたいと決心がつき、実際に家を建てることになった時には、一戸建て賃貸で暮らした体験を基に、より暮らしやすい家を建てることができます。

 

■ 地方で一戸建て賃貸のメリット…まとまった資金がなくても地方では家賃や敷金が都心より低額なのですぐに地方移住することができます

地方に移住したいと思っても、土地を購入し、家屋を新築するとなると、都心部ほどはかからないとはいえ、多額な費用が必要です。

仕事や学校の都合に合わせて移住したいと計画している時期までに、無理に資金集めをしなくても、一戸建て賃貸物件であれば、すぐに移住することができます。

各自治体では地方への移住を促進する為、空き家バンクなど移住希望者が情報を入手しやすいよう様々な工夫をしていますので、地方での一戸建て賃貸物件は、探しやすい状況です。